ちびくろ日記

小さくて色黒、平凡な大学生の日常。

予習と復習さえやれば、授業はスーパー楽しくなる

皆さん、ごきげんはいかがですか?

ちびくろです。

 

今回は、ぼくが感じた「予習、復習」の大切さについて書いていきたいと思います。

 

 

f:id:yoshi0904ja:20190423193446p:plain

 

 

 

ぼくは、一年間の浪人生活を経て、大学に入学しました。

浪人時に通っていた予備校の方針として、予習と復習を徹底的に課せられました。

 

最初は、ものすごく戸惑いました。

というのも、高3の時に、

センター英語46点(200点満点中)をたたき出したぼくにとって、

復習はまだしも、「ヨシュウ」は初めて触れる文化だったからです。

 

 

ですが、やっているうちに段々と慣れていき、

なんとか予習もできるようになりました。

 

 

そんなある日、ぼくはいつものように授業を聞きながら、

自分の内側から湧き上がるある感情に気が付きました。

 

 

 

「授業が、楽しい…!?」

 

 

 

そう、授業が楽しかったのです。

それも、ものすごく。

 

予習のおかげで、授業の内容がすんなりと入ってきて、

能動的に学ぶことができるようになったのです。

 

 

今まで、勉強は何かしらの修行だとしか思っていなかったので、

ぼくはびっくりしました。

 

 

 

勉強って、こんなに楽しいんだなぁ。

 

 

 

その日から、ぼくの勉強意欲は高まり、それに比例し

点数は右肩上がりに伸びていきました。。

 

そして、大学合格を勝ち取ることができました。

 

 

 

 

 

 

しかし。

 

いざ大学生になり、あれほど熱中していた勉強に対しての興味は

どんどん薄っていきました。

 

その結果、予習、復習どころか、授業さえおろそかになるように。

 

単位も落とし、挙句の果てには大学のせいにする始末。

 

「大学は面白くない、クソみたいな場所だ」

「こんなところ、4年間もいるのは耐えられない」

 

 

ぼくがクソでした。しかも、特大のクソ。

 

まさに、この記事で言うところの激ダサ人間でした。

 

www.chibi-kuro.com

 

 

 

 

 

そんな汚人のぼくは、今年の四月に大学2年になり、

そこでようやく気が付きました。

 

 

 

「そういえば、予習、復習やってねえなぁ」

 

 

ぼくは、授業を楽しむための武器を、一年間自ら手放していたのです。

 

もったいない、非常にもったいない。

ですが、プラスに考えれば、今のうちに気づいてよかったです。

 

 

卒業をしてしまっては、手遅れですから。

 

 

 

 

そうして、ぼくはまた「予習、復習」を続けることにしました。

授業効率が上がるのはもちろん、何より楽しいんです。

 

大学は、高校までと比べて学問の幅が非常に広い。

それを、精一杯学びつくせる環境は整っている。

 

 

本来なら、楽しくないはずがないんです。

 

 

 

大学さん、今まであなたにひどい言葉を浴びせてしまい、ごめんなさい。

 

 

 

 

ぼくは、生まれ変わります。

今の環境に感謝し、学問を追求することができる喜びを噛みしめます。

 

 

後悔をしないように、全力で学びたいと思います。

 

 

 

そのために、しっかりと「予習、復習」をする。

 

 

 

継続します。

 

 

 

 

皆さん、下の下から中の下へと生まれ変わったNewちびくろを、

これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

それではまた。

 

 

 

 

 

↓↓おすすめの記事はコチラ↓↓

 

 

www.chibi-kuro.com

www.chibi-kuro.com

www.chibi-kuro.com

 

 

 

「音楽の魔法だ」

皆さん、ごきげんはいかがですか?

ちびくろです。

 

最近は、映画を観るために息を吸っているといってもいいほど、映画にドハマりしています。

 

大学生という身分を存分に使い、週に5、6本、作品を鑑賞しています。

なぜ、ぼくがこれほど映画を観ているかという理由は、下の記事にまとめております。

 

 

www.chibi-kuro.com

 

 

 

今回は、そんなぼくが好きな映画に登場し、

心に深く刻み込まれた言葉について書いていこうと思います。

 

 

 

 

皆さんは、『はじまりのうた』という映画はご存知でしょうか?

 

 

 

f:id:yoshi0904ja:20190422185803j:plain

 

 

ニューヨークの街角を録音スタジオに!?ミュージシャンの彼デイブ(アダム・レヴィーン)に裏切られ、ライブハウスで歌う失意の主人公グレタ(キーラ・ナイトレイ)。偶然居合わせた落ちこぼれの音楽プロデューサーのダン(マーク・ラファロ)との出会いがデビューの話しへと発展するが、録音スタジオは、なんとニューヨークの街角!?!?路地裏、ビルの屋上、地下鉄のホームとゲリラレコーディングは実施され、この無謀な企画が小さな奇跡を起こし始める。そしてアルバムが完成したその日、誰もが予想できなかった最高の「はじまり」が待っていた。(Amazon紹介文より引用)

 

 

 

物語はもちろん、作中に登場する曲もどれも素晴らしく、

非常に爽やかな気持ちになる映画です。

 

 

 

この大作が、Amazon primeでなんと無料でご覧いただけるので、

ぜひ観てみてください。

 

 

 

 

 

ぼくは、この作品が大好きです。

理由はたくさんありますが、その中でも特に作中に出てきた言葉に惹かれました。

 

その言葉を紹介します。

 

 

 

 

 

【場面】

主人公である未だ日の目を見ない女性歌手グレタと、

その才能に気づいた落ちこぼれ音楽プロデューサーのダンが、

音楽を聴きながら夜の街を二人で歩いている。

 

f:id:yoshi0904ja:20190422192523j:plain

 

 

近くの階段に腰を下ろし、何気ない風景を見ながら、ダンはこうつぶやいた。


f:id:yoshi0904ja:20190422192527j:plain

 

 

 

 

 音楽の魔法だ。

 平凡な風景が意味のあるものに変わる。

 陳腐でつまらない景色が、美しく光り輝く真珠になる。

 

 

 

 

 

 

ぼくは、衝撃を受けました。

たしかに、そうだなと。

 

 

ぼくらの生活は、音楽なしではありえません。

 

目覚ましの音、テレビから流れてくる音、

通学中に聞く音楽、お店で流れてる音楽、

盛り上がっている時に聴く曲、悲しい時に聴く曲。

 

あまりに馴染みすぎてしまってなかなか気づかないが、

ぼくらの日常は、音楽であふれているのです。

 

 

音楽はどんな時でも、ぼくらを陰で支え、

日々に彩りを与えてくれているのです。

 

 

ぼくは正直、音楽について全く詳しくないですし、

むしろ全くの無頓着ボーイでした。

 

 

ですが、この言葉を聴いて、音楽に対するぼくの考えはガラッと変わりました。

 

 

そして、もっと積極的に音楽を楽しもうと思いました。

 

 

 

音楽を楽しむことで、日々の生活がより良いものになれば、

すごくいいなと思います。

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

「音楽」について書かせていただきました。

いかがだったでしょうか。

 

 

記事でも書いているように、

ぼくは音楽についてまだまだ知らないことだらけです。

 

なので、もしおすすめの音楽や曲があれば、

ぜひコメント欄で教えていただきたいです。

めちゃくちゃ喜びます。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

そして、最後に。

 

 

「音楽は魔法」です。

日々に彩りを与えてくれます。

 

音楽とともに、楽しく生きていきましょう。

 

 

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 

↓↓おすすめの記事はコチラ↓↓

 

www.chibi-kuro.com

www.chibi-kuro.com

www.chibi-kuro.com

 

この世に偶然はないと思う

皆さん、ごきげんはいかがですか?

ちびくろです。

 

今回は「偶然」について、ぼくの考えを書いていきたいと思います。

 

 

 

f:id:yoshi0904ja:20190421194725j:plain

 

 

 

 

先に結論から言わせてもらうと、タイトルにもあるように、

ぼくは偶然など存在しないと思っています。

 

 

自分の身に起こることは、全て必然。

 

思いがけない場所で昔の友人に出会ったことも、

大きな大会で結果を残すことができたのも、

いま、あなたがこのブログを読んでいることも。

 

全てが必然だと思うのです。

 

 

 

 

なぜなら、全ての出来事は

「誰かが、何かをしないと起こらない」からです。

 

 

 

野球に例えてみましょう。

あなたがヒットを打てたのは、偶然ではありません。

あなたが、そのタイミングで、そのポイントをスイングしたからこそ、

ヒットが生まれたのです。

 

そもそも、あなたがバットを振ってなければ当たりませんし、

振っていたとしても、そのタイミング、コースでなければ打てていません。

 

 

「誰かが、何かをしたから」こそ、生まれた結果なのです。

 

 

 

 

時々、「偶然」という言葉をいい様に使って、

「あいつがいい結果を残せたのは偶然だろ」などと

他人をけなすような人がいます。

 

 

そういうのを見ると、ぼくは非常に腹が立ちます。

 

結果が出ている人への嫉妬でしょうが、ぼくからすると、

自分の実力不足を棚に上げて、他の人を攻撃しているようにしか見えません。

 

 

もっと言ってしまえば、

「行動できなかったから、あなたの言う”偶然”とやらを起こせなかったんでしょう」

 

とさえ思ってしまいます。

 

 

 

 

あなたがその時間にあの場所で歩いていなければ、

あなたが今まで一生懸命練習していなければ、

あなたがスマホを開いていなければ、

 

”偶然”は起こっていません。

 

 

 

なので、今まで「偶然だろ」などと心無い言葉を浴びせられ、

傷ついてきた人も、自信を持っていいと思います。

 

むしろ、「お前はその”偶然”さえ起こせてねぇんだよ」

と言っちゃってください。

 

 

 

 

もう一度言います。

 

出来事は、誰かが、何かをしないと起こりません。

 

つまり、

「あなたが、それを、そのタイミングで行った」からこそ生まれた結果です。

 

 

”偶然”?

 

大いに結構。

 

 

 

それは、あなたが自分の力でつかんだ結果なのですから。

 

 

自身の成果に、もっと誇りを持ちましょう。

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

さて、いかがだったでしょうか。

 

”偶然”については、今までずっとモヤモヤしてきたことなので、

記事として書けて良かったです。

 

 

あくまでぼくの考えなので、真に受けなくても全く問題ないです。

 

 

 

それでも、少しでもこの記事が皆さんのプラスになれば嬉しいです。

 

 

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 

↓↓おすすめの記事はコチラ↓↓

 

 

www.chibi-kuro.com

www.chibi-kuro.com

www.chibi-kuro.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢、おもろい

皆さん、ごきげんはいかがですか?

ちびくろです。

 

今回は、「夢」について書いていきたいと思います。

 

あ、勘違いしないでくださいね。

ここでいう「夢」は、寝る時にみる夢の方です。

 

大金持ちになりたいとか、パティシエになりたいなどの

すごい方の夢ではありませんので、ご注意を。

 

 

 

はい、ぼくはですね。

夢をみることがすごく好きなんですよね。

 

現実ではありえないことが平気で起こったり、

それでいて、自分の友人や家族が登場したり。

 

時にはあまりのカオスさに恐怖したり、

夢から覚めたくないというような、甘美な夢もあります。

 

 

ぼくの中では、夢は

「体験型の映画を観ている」感覚です。

 

 

f:id:yoshi0904ja:20190420103406p:plain

 

 

まさに4Dですね。4D。

 

しかも、夢を見ている間は、実際に現実で起こっていることだと

思っているのですから、激リアルなんですよね。

でも、友人に「あ、これは夢だ」って気づくやつもいるみたいですが。

すぎょい。

 

 

さらに。

ぼくが思うに、夢には

「自分の気になっていること」が出てくることもあるんですよ。

 

例えば、ぼくの今日の夢は

「頭脳明晰な友人が監修しているジムで、ひたすらストレッチをする」

というなかなかカオスな物語だったのですが、

 

実際にぼくは、つい最近ジムの見学にいき、

筋トレを始めようとしていたところでした。

 

 

意識にあることを、脳が「夢」として見させてくれてる

と思うんですよね(ちびくろ調べ)。

 

 

 

なので、それが夢に出てきたということは、

何かしら現実と関係があるのかなぁ、と考えています(ちび調)。

 

 

 

 

 

 

とにかく、めちゃくちゃおもしろいです。夢、おもろい。

 

 

その面白さのあまり、ぼくはたまに

土日の午前中を使って十二度寝ぐらいして意図的に夢を見たりします。

 

 

アホですよね。

 

自覚しているので、まだセーフだと思います。

 

 

 

 

こんな感じで、夢を愛しているぼくは、少し考えてみました。

 

このおもしろさ、何かに活かせないのかなと。

非日常の主人公となれる機会を、みすみす見逃すわけにはいきません。

 

 

 

そうだ。

 

「夢で見た物語を、小説風に書き起こしてみよう」

 

 

f:id:yoshi0904ja:20190420110040j:plain

 

 

 

あのカオスな状況を、文字に書き起こすことで

一つの短編小説が出来上がるのかもしれないと。

 

 

そして、それをブログにあげたみたいなぁ、と

考えてみました。

 

 

そうすると、意外とおもしろくなったりするのでは。

 

 

 

今度、書いてみますので、2ミリほど期待しておいてください。

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

はい、夢についていろいろ書かせていただきました。

 

いかがだったでしょうか。

 

 

なんともない「夢」という出来事を、

キモく愛している変人がいるんだなぁ、と考えていただければと

思います。

 

 

 

とりあえず、明日見る夢が楽しみであります。

 

 

 

それではまた。

 

 

 

 

↓↓おすすめの記事はコチラ↓↓

 

www.chibi-kuro.com

www.chibi-kuro.com

www.chibi-kuro.com

 

相談できる人は心が強い

皆さん、ごきげんはいかがですか?

ちびくろです。

 

はじめに断っておきますが、

この記事は、正直、自分に向けて書いている部分が多いです。

自分の考えを文字として残しているという感覚です。

ご了承ください。

 

 

 

それでは、今回は「相談する」ということについて書いていきたいと思います。

 

 

タイトルから推測してしまうと、なんだか重い内容の相談話限定って感じになりますね。

いえ、そうではありません。

ぼくが指している「相談」とは、全ての内容を含みます。

 

例えば、友人関係や恋愛、部活、家族のいざこざなど。

ヘビーからライトまで。

誰でも一度は経験したことがあると思います。

 

 

さて、ここで質問です。

 

「そういう場面に出くわし、困ったとき、あなたは誰かに相談できますか?」

「心の内を全てさらけ出し、きちんと悩みを伝えることができますか?」

 

 

 

f:id:yoshi0904ja:20190419221030p:plain

 

 

 

YESと答えた、そこのあなた。

 

 

 

ぼくは、あなたのことが心底羨ましいです。

 

 

というのも。

ぼくは、あまり相談することが得意ではありません。

なぜかというと、ぼくは昔から

「自分の悩みは自分で解決するものだ、相談するなんてダサい」という、この世で一番ダサい、大ブーメラン思考をもっていました。

そして、その考えに縛られ、他人に全く相談をしてきませんでした。

 

その結果、相談せずにいつも一人で悩みこみ、勝手に押しつぶされそうになることが多々あります。

 

 

 

なので、気軽に誰かに相談できる方を、すごく尊敬しています。

そういう方は、自分を悩みを表に出す、つまり「ありのままの自分」を

人にさらけ出す強さを持っている人なんだな、と思います。

 

 

 

 

 

 

「弱いから相談するのではなく、勇気と強さがあるからこそ相談できる」

 

 

 

 

 

ぼくは、そう考えています。

 

 

 

最近、自分の力だけでは成し遂げられないことは、山のようにあるということを、ヒシヒシと感じております。

というか、ほとんどのことは一人ではできませんね。

 

 

 

信頼できる仲間、パートナーがいてこそ、その人の力は何倍にも膨れ上がるんだなぁ、と。

 

 

そこで、ぼくは考えました。

では、その同志にはどうやったら出会えるのか。

それは、やはり「自分の考えを外に吐き出せる」かどうかだと思います。

 

「〇〇大学に行きたい」「このセミナーに参加した」「あっちの店に行きたい」

 

何でもいいです。

自分の考えを表現することができれば、必ず賛同してくれる人は現れます。

 

 

 

 

では、自己表現力をどうやって磨くのか。

ぼくは、思考表現の究極系が「相談」だと思います。

 

 

 

恥ずかしさを捨て、ありのままの自分をさらけ出す勇気。

 

 

 

 

おそらく、それが全てです。

 

 

 

 

ぼくは、勇気が足りないことによって、勝手に苦しんでいるんだなぁと。

 

 

 

 

 

これからは、少しだけ勇気を振り絞ってみようと思います。

一人で抱え込まず、頑張って相談してみる。

 

 

 

それだけで、意外と状況は好転するのではないのかなぁ、と思います。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

はい。

ほとんど自分へのメッセージみたいになってしまいましたね。

 

ですが、おそらくぼくと同じような悩みを持っている人は存在すると思います。

 

 

頑張りましょう。ぼくも頑張ります。

 

 

 

 

少しの勇気を振り絞って。

 

 

 

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 

 

↓↓おすすめの記事はコチラ↓↓

 

 

www.chibi-kuro.com

www.chibi-kuro.com

www.chibi-kuro.com

 

しりとり形式でどこまで文章を書けるかチャレンジしてみた

 皆さん、ごきげんはいかがですか?

ちびくろです。

 

今日はですね、なんかまじめな記事を書く気になれないので、

ちょっと遊んでみようと思います。

 

時間の無駄になるかもしれないので、

忙しい方は、これ以上進むのはお控えください。

 

 

 はい。

 

 

 

 

そして、どうやって遊ぼうか考えていたら、2秒で答えが出ました。

 

「しりとり形式で、どこまで文章を書けるか」

 

 

f:id:yoshi0904ja:20190418211944p:plain

 

 

 

 

なんのこっちゃですよね。

安心してください、具体的に説明します。

 

「今日」という単語で文章が始まったとすると、

「今日」の最後の文字の「う」から始まる単語を続けていって、文章を紡いでいくって感じですね。

単語もしくは助詞の場所で区切ることにします。

まぁ、区切りの良いところですね(笑)

 

 

(例)今日 うるさい友人と 都内のレストランに 逃げ込んだ

 

 

早速、めちゃくちゃな文章になってしまいました。

ですが。なんだろ、若干面白そうです。

 

 

がっちりしたルールでやるわけじゃないので、

たとえ何かしら間違っていたとしても、ご容赦ください。

 

 

 

( )にくくられた灰色の言葉は、書いているぼくの心の声だと思ってください。

しりとりには影響しません。

 

それでは、始めます。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

目が覚めると とある場所に 2頭の牛と 到着していた。(最初からやばい)

 

宝島だ。(急展開)

 

代々伝わるウワサでは 八月二日の正午 

 

五反田で 「デリート」 と三回唱えると 飛んでいけるらしい。(どゆこと)

 

いま まさかとは思ったが ガチで居る。(ガチで居るw)

 

ルンルン気分で デカい宝を手に取ると 途端に

 

2頭の牛が ガリガリに。(なぜ)

 

兄ちゃんが言っていたことを思い出した。(もはや一文)

 

「多分だが ガリガリになるぞ」(預言者)

 

ゾッとした。(今さら感)

 

宝島から抜け出したい。(早)

 

意を決した。(即決型

 

樽をかき集め 目についた 手綱を拾い いかだを作った。(上手い)

 

多少ボロいが 我慢して 手を休めることなく 

 

狂い漕いだ。(無理やり)

 

だがしかし 失敗。(狂い漕いだからな)

 

いかだは ハチャメチャに。(”に”ムズイ)

 

人気ものだったのに。(強敵の”に”)

 

「西の野村」と言われていたのに。(お前野村だったんか)

 

にわかに信じがたい。(やかましいわ)

 

今さら ラスベガスに 逃げれるわけでもない。(何者)

 

いや やるだけやってみよう。(おぉ)

 

牛たちのためにも。(お前が悪い)

 

もうそこからは 早かった。(雑)

 

宝島から 楽に 逃げ出せた。(過程を教えろ)

 

楽しかったよ。(過程を教えろ)

 

良き思い出となった 宝島探索。(牛は)

 

雲一つない空 ランドセルを背負う。(まさかの小学生)

 

上を向き 希望を込めて 天にささやいた。(やばいオチがない)

 

宝島は 発見するものではない。(あ、そうだ)

 

一体となるものだお。(許して)

 

おしまい。(達成感)

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

どうでしたか?

 

時間の無駄だったでしょう(笑)

 

 

 

 

いやぁ、カオスでしたね。

でも、書いててめちゃおもろかったです。

 

 

自分で遊びを作るのも、いいですね。

 

 

 

これからも、こんな感じの記事は積極的に書いていきたいですネ(誰得)

 

 

 

 

 

それではまた。

 

 

 

た…

 

 

 

宝島。

 

 

 

 

 

↓↓ふざけた記事はコチラ↓↓

 

www.chibi-kuro.com

www.chibi-kuro.com

www.chibi-kuro.com

 

本屋さんは定期的に通おう

皆さん、ごきげんはいかがですか?

ちびくろです。

 

ついさきほど、啓文堂書店さんにおじゃまさせていただきました。

やっぱり、本屋さんはいいですね。

 

所せましと並んだたくさんの本、

その一冊一冊が、知的好奇心をくすぐります。

 

いつ行っても、ワクワクしますね。

 

 

 

その高揚感を得るために、定期的に本屋さんに通っています。

 

それと実は、ぼくがよく本屋さんに行く、もう一つの理由があります。

 

 

 

それは、なんだと思いますか?

少し考えてみてください。

 

 

f:id:yoshi0904ja:20190417210735p:plain

 

 

 

 

 

はい、それでは答えを発表します。

 

正解は「自分が現在、何に対して興味があるのかを探るため」でした!!!

 

 

 

 

不正解だっただろぉぉお!!

ウハハハハハーーーーーーーーーーーっ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

....

 

 

ごめんなさい、ぼくが悪かったです。落ち着いてください。

今手に持っている石を置いてください。

 

 

 

 

置きましたね。はい。

 

 

 

それでは、気を取り直して。

ぼくは、自分の興味を確かめるために、本屋さんに訪れます。

 

 

それは、いったいどういうことなのでしょうか。

具体的に、説明していきましょう。

 

 

皆さんは「カラーバス効果」という言葉をご存知でしょうか?

 

簡単に言うと、カラーバス効果とは

 

ある特定の色を意識してしまうと、それ以降その色ばかりが目に入ってしまい世界がその色だらけに見えてしまうという心理効果

 

のことです。

 

 

例えば。

あなたが今日一日、道で見かけた「色の赤い車」を数えることになったとします。

赤い車って、意外と少ないじゃないの?と少し戸惑い気味で外へ出たあなた。

すると、どうでしょう。

想像の何倍ものレッドカーが、目の前をどんどん通り過ぎていくではありませんか!

 

 

 

f:id:yoshi0904ja:20190417213207j:plain

 

 

 

 

ぼくたちは、何かを意識すると、今まで見過ごしていたものに

気づきやすくなるのです。

 

これが、まさしく「カラーバス効果」なのです。

 

 

 

理解していただけたでしょうか?

 

 

はい。

 

 

 

 

話はここからです。

実は、この「カラーバス効果」は”興味”に対しても活用できるのです。

 

興味というのは、何かに好奇心を向けている状態です。

ということは、意識を向けているのと同様ですね。

 

 

つまり、何かに対して興味が芽生えると、その事柄に関する、今まで気にしていなかったものが見えてくるようになるのです。

 

 

 

例えば、あなたが突然「ソバ」にハマったとします。

あのソバ屋にも行ってみたい。週に四日はソバを食べたい。

そんなことを考えながら、いつもの見慣れた道を歩いていると、

「あれ?こんなところにソバ屋があったんだ!」と新発見。

今まで気づかなかったソバ屋が、ひとつ、またひとつと、視界に入ってきます。

慣れた道にも、こんなにソバ屋、あったんだね。

 

 

 ってな感じです。

 

 

f:id:yoshi0904ja:20190417214807j:plain

 

 

 

 

 

それでは、この現象を本屋さんに変換してみると、どうでしょうか。

 

 

そう、今まで見えなかった本に、目に飛び込んでくるのです。

 

興味にも、強弱は存在します。

弱のキョウミは、ほとんど無意識のようなものです。

 

しかし、弱のキョウミに引き寄せられた本(実物)を目の当たりにすることで、

ハッキリと”興味”があることを意識することができるのです。

 

 

なので、ぼくにとって本屋さんは

「眠っている興味を探し出す、ワクワクの詰まった空間」です。

 

まさに、宝探し。

 

 

f:id:yoshi0904ja:20190417215711j:plain

 

 

 

 

ぼくは、その時に出会った本はできるだけ買うように心がけています。

興味があるうちに読んだ方が絶対に吸収できますし、

読んでいてワクワクするからです。

こんな機会も、何かの縁だと思いますし。

もちろん、財布と相談しながらですが。

 

 

 

もちろん、買わずに本屋さんを一周するだけでも、

すごく効果があると思います。

ぜひ、お試しください。

 

 

 

ちなみに、今日は「会計」についての本を購入しました。

たしかに、最近気になっていた分野でした。

楽しんで読もうと思います。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

今回は、「カラーバス効果」を交えて、本屋さんへの愛を語りました。

いかがだったでしょうか。

 

思うままにババっと書いたので、内容がグチャっとなっていたかもしれません。

そのへんは、お許しください。

 

 

 

少しでも皆さんのプラスになれば嬉しいです。

 

 

 

それではまた。

 

 

 

 

 

↓↓読書関連の記事はコチラ↓↓


www.chibi-kuro.com

www.chibi-kuro.com

 

 

 

 

 

↓↓おすすめの記事はコチラ↓↓

 

www.chibi-kuro.com

www.chibi-kuro.com